HOME > 草思社文庫 一覧 > 日米衝突の萌芽 1898-1918

日米衝突の萌芽 1898-1918

日米衝突の萌芽 1898-1918

著:渡辺 惣樹
わたなべ そうき

懸命な外交努力もむなしく、日本はなぜ米国の仮想敵国No.1となったのか。第1次大戦期を米側史料によって俯瞰。日米開戦の原因に新たな解釈を提示した瞠目の書!

著者プロフィール

渡辺 惣樹:日本近現代史研究家。北米在住。1954年静岡県下田市出身。77年東京大学経済学部卒業。30年にわたり米国・カナダでビジネスに従事。米英史料を広く渉猟し、日本開国以来の日米関係を新たな視点でとらえた著作が高く評価される。著書に『日本開国』『日米衝突の根源1858-1908』『日米衝突の萌芽1898-1918』〔第22回山本七平賞奨励賞受賞〕『朝鮮開国と日清戦争』『誰が第二次世界大戦を起こしたのか』(以上、草思社)、『激動の日本近現代史 1852-1941』(共著・ビジネス社)、『戦争を始めるのは誰か』『第二次世界大戦 アメリカの敗北』(以上、文春新書)など、訳書にハーバート・フーバー『裏切られた自由』、チャールズ・カラン・タンシル『裏口からの参戦』、ハミルトン・フィッシュ『ルーズベルトの開戦責任』、ジェフリー・レコード『アメリカはいかにして日本を追い詰めたか』、カレイ・マックウィリアムス『日米開戦の人種的側面 アメリカの反省1944』(以上、草思社)など多数。

定価
:1,944円 (本体 1,800円)

頁数
:728

発刊日
:2018/10/08

ISBN
:978-4-7942-2354-8

ページトップへ 文芸社 草思社