HOME > 草思社文庫 一覧 > 徳大寺有恒ベストエッセイ

徳大寺有恒ベストエッセイ

徳大寺有恒ベストエッセイ

著:徳大寺 有恒
とくだいじ ありつね

クルマ、クルマ、クルマ! ときどきファッション、旨いもの。パイプもカメラもプロ野球も好き――。稀代の自動車評論家が遺した、ユーモアあふれる随筆の数々。

著者プロフィール

徳大寺 有恒:1939年東京生まれ。成城大学経済学部卒。初代クラウンが登場した1955年に運転免許を取得。1964年日本グランプリでレーサーとしてデビュー。その後、トヨタワークスチームを経て、フリーの自動車ジャーナリストに。1976年小社刊『間違いだらけのクルマ選び』で自動車評論の新境地を開拓、社会に衝撃を与える。以降『年度版間違いだらけ』を2004年まで刊行、復活した『2011年版』からは島下泰久氏との共著として刊行。2014年11月7日、急逝。『2015年版間違いだらけ』の原稿を書き上げた直後のことだった。そのほかの著書に『徳大寺有恒 ベストエッセイ』『徳大寺有恒のクルマ運転術 アップデート版』『新・女性のための運転術』『ぼくの日本自動車史』(以上、いずれも草思社)、『駆け抜けてきた―我が人生と14台のクルマたち』(東京書籍)、『俺と疾れ!! 自動車評論30年史―激動の20世紀編/変革の21世紀編』(講談社)などがある。享年74歳。

定価
:972円 (本体 900円)

頁数
:384

発刊日
:2018/04/09

ISBN
:978-4-7942-2331-9

ページトップへ 文芸社 草思社