HOME > 草思社文庫 一覧 > 俳句がどんどん湧いてくる100の発想法

俳句がどんどん湧いてくる100の発想法

俳句がどんどん湧いてくる100の発想法

ひらのこぼ
ひらのこぼ

「何かに映してみる」「しゃがんでみる」「二階を詠む」など、すぐ応用可能なコツを例句とともに示した作句秘訣集。句会、吟行の土壇場で困ったときの参考書。

著者プロフィール

昭和23年京都生まれ。大阪大学工学部卒業。汽船会社設計部を経て、昭和48年広告制作会社へコピーライターとして入社。奈良在住。平成10年、銀化(中原道夫主宰)に入会。現在、銀化同人。著書に『俳句開眼100の名言』『名句集100冊から学ぶ俳句発想法』『俳句名人になりきり100の発想法』『俳句発想法 100の季語』『俳句がどんどん湧いてくる100の発想法』『俳句がうまくなる100の発想法』『俳句発想法 歳時記』〔春〕〔夏〕〔秋〕〔冬・新年〕(いずれも草思社)。

定価
:648円 (本体 600円)

頁数
:192

発刊日
:2017/04/10

ISBN
:978-4-7942-2267-1

ページトップへ 文芸社 草思社