HOME > 草思社文庫 一覧 > ファミリー 上 シャロン・テート殺人事件

ファミリー 上 シャロン・テート殺人事件

ファミリー 上 シャロン・テート殺人事件

著:エド・サンダース/訳:小鷹信光
えどさんだーす/こだかのぶみつ

殺人集団マンソン・ファミリーを描いた傑作ノンフィクション。平和的なヒッピー集団はいかにして戦闘的な殺人結社と化したか。待望の復刻。解説・柳下毅一郎。

著者プロフィール

エド・サンダース:1939年ミズーリ州カンザス・シティ生まれ。ニューヨーク大学でギリシャ語を学んだのち、平和運動に参加。62年季刊誌「Fuck You」を刊行。65年、ロックグループFugs結成。著書にPoem from Jail(詩集)、Shards of God(小説)などがある。 小鷹信光:1936年、岐阜県高山市生まれ。2015年没。早稲田大学第一文学部英文科卒業。ワセダ・ミステリクラブ以来のミステリーファンで、ダシール・ハメット、レイモンド・チャンドラーなど、アメリカ・ハードボイルド・ミステリーの紹介・評論・翻訳の第一人者。松田優作『探偵物語』の原案でも知られる。著書『私のハードボイルド』で推理作家協会評論賞受賞。著訳書多数、近刊に『チューリップ ダシール・ハメット中短篇集』(草思社)、『ジャック・リッチーのびっくりパレード』(早川書房)など。

定価
:1,296円 (本体 1,200円)

頁数
:392

発刊日
:2017/02/08

ISBN
:978-4-7942-2257-2

ページトップへ 文芸社 草思社