HOME > 草思社文庫 一覧 > 江戸っ子芸者一代記

...

江戸っ子芸者一代記

中村喜春
なかむらきはる

世界数か国語に翻訳された人気の自伝。英語が出来て聡明で、チャップリンやベーブ・ルース、近衛文麿など各界の有名人も接待した喜春姐さんの波乱に富んだ半生記。

著者プロフィール

1913(大正2)年銀座生まれ。2004年没。16歳で新橋の芸者となり、お座敷をつとめながら専門学校で英語を習得。海外の著名人の接待や、戦後の進駐軍との通訳で活躍。1956年アメリカに渡る。オペラのコンサルタントをするかたわら小唄や長唄など日本の古典芸能を教え、コロンビア大学等で東洋哲学の講義もしていたが、ニューヨークで晩年を迎えた。波乱万丈の生涯は本書およびその続篇である『江戸っ子芸者一代記』(戦後篇、アメリカ篇、ともに草思社)に詳しい。本書は、ドイツ語版、スペイン語版、チェコ語版はじめ世界数か国語に翻訳刊行され、それぞれに好評である。ほかに『ああ情けなや日本』『いきな女たち』『いきな言葉 野暮な言葉』(いずれも草思社)などの著書がある。

定価
:734円 (本体 680円)

頁数
:304

発刊日
:2012/08/10

ISBN
:978-4-7942-1915-2

ページトップへ 文芸社 草思社