HOME > 文芸社文庫 一覧 > 木曾御岳 殺人山行

木曾御岳 殺人山行

木曾御岳 殺人山行

梓林太郎
あずさりんたろう

諏訪署の刑事課の道原伝吉に、署から至急電が入った。八ヶ岳岩場から、若い女性が投げ込まれたとの通報だった。遺体は絞殺されていた。被害者は東京の会社に勤める女性で、死亡の前日、赤岳頂上小屋に単独で宿泊していた。事件を追う道原刑事は、同じころ被害者の親友が、木曾川で水死体で発見され、その前年、親友の弟までが木曾御岳で遭難死していたことを突き止めた――?!

著者プロフィール

1933年長野県生まれ。
貿易会社、調査会社、経営コンサルタントなどを経て、1980年『九月の渓で』小説宝石エンタテイメント小説大賞を受賞し、デビュー。
長い登山経験を元に、山岳推理小説の第一人者となる。
代表作に、旅行作家・茶屋次郎シリーズや長野県警刑事・道原伝吉シリーズなど著書多数。

※この情報は、2019年8月時点のものです。

定価
:778円 (本体 720円)

頁数
:312

発刊日
:2019/08/15

ISBN
:978-4-286-21184-8

ページトップへ 文芸社 草思社