HOME > 文芸社文庫 一覧 > あらすじで読む霊界物語

あらすじで読む霊界物語

あらすじで読む霊界物語

飯塚弘明/窪田高明/久米晶文/黒川柚月
いいづかひろあき/くぼたこうめい/くめあきふみ/くろかわゆづき

『霊界物語』は、オカルト界の「巨人」・出口王仁三郎が霊界を探険して見聞した出来事をまとめたものである。本書は、その『霊界物語』の概要とあらすじを紹介するとともに、『霊界物語』の世界をより深く理解するためのコラムや論考を掲載。さらに「21世紀のいま、なぜ『霊界物語』を読む必要があるか」を論じる。膨大な量のため読破が難しいとされる「大作」がこれ1冊でわかる!

著者プロフィール

●飯塚弘明(いいづかひろあき)
出口王仁三郎研究家。
1968年、栃木県生まれ。
20代前半から出口王仁三郎の魅力に取りつかれ、師事する。
2003年、ウェブサイト「王仁三郎ドット・ジェイピー」を開設。
3年がかりで出口王仁三郎・著『霊界物語』全83冊を電子テキスト化し、ネット上で無料で公開する。
著者に『超訳霊界物語〜出口王仁三郎の[世界を言向け和す]指南書』(太陽出版)ほか。
http://www.onisavulo.jp/

●窪田高明(くぼたこうめい)
元神田外語大学外国語学部教授。
神田外語大学副学長、附属図書館長を歴任。
現在、神田外語大学学術顧問。
1987年神田外語大学の開学当初から教員として1期生の教育指導に当たり、「倫理学」「日本倫理思想史」を担当。
日本研究所の2代目所長を務めた。
1947年、東京都生まれ。
[専門]倫理学・日本倫理思想史、[著書]『王権と恋愛』ぺりかん社、1993年、論文に「『霊界物語』における台湾」ほか。

●久米昌文(くめまさふみ)
1953年香川県生まれ。
専修大学文学部哲学科卒業。
『大辞林』(三省堂)、『神霊界』『友清歓真全集』『霊界物語』(以上八幡書店)などの編集に参与、専修大学非常勤講師、神田外語大学日本研究所助教授をへて現在著述業。
著書に『「異端」の伝道者酒井勝軍』(学研パブリッシング)、『図説 異端の宗教書』(新人物往来社)、校訂書に『言霊秘書 山口志道霊学全集』『宮負定雄幽冥界秘録集成』『神政龍神会資料集成』(以上八幡書店)など。

●黒川柚月(くろかわゆつき)
1969年1月31日、東京生まれ。
服飾専門学校卒業後、10代の後半頃より、西洋神秘学や大本教に興味を持つ。
1990年に千葉県成田市の麻賀多神社に参拝し、麻賀多神社の古代忌部氏の系統を探求する。
1992年、全国の神社巡りを開始する。
2000年より、経論研究に本腰を入れ、2014年から、明治の国家神道に隠滅された、近世の神道諸派の神拝式に関心を持つ。
著書に『[日月神示]夜明けの御用 岡本天明伝』『富士は爆発するぞ! 日月神示が語る今この時』(共にヒカルランド刊)。

※この情報は、2019年12月時点のものです。

定価
:1,540円 (本体 1,400円)

頁数
:520

発刊日
:2019/12/15

ISBN
:978-4-286-20956-2

ページトップへ 文芸社 草思社