HOME > 文芸社文庫 一覧 > 北穂高岳 殺人山行

北穂高岳 殺人山行

北穂高岳 殺人山行

梓林太郎
あずさりんたろう

北アルプス・北穂高岳のクサリ場の下に女性登山者の転落死体が発見された。身元が判明し、当初、その女性は単独登山で事故だと思われた。しかしその後の捜査から、女性に同行者がいたことが判明した。長野県警豊科署の刑事・道原の地を這うような捜査の末、事件当時、被害者と一緒に写っていた後姿の男が見つかった。謎の男を追う道原の前に、連続殺人が発生する。

著者プロフィール

1933年長野県生まれ。
貿易会社、調査会社、経営コンサルタントなどを経て、1980年『九月の渓で』小説宝石エンタテイメント小説大賞を受賞し、デビュー。
長い登山経験を元に、山岳推理小説の第一人者となる。
代表作に、旅行作家・茶屋次郎シリーズや長野県警刑事・道原伝吉シリーズなど著書多数。

※この情報は、2019年2月時点のものです。

定価
:778円 (本体 720円)

頁数
:276

発刊日
:2019/02/15

ISBN
:978-4-286-20666-0

ページトップへ 文芸社 草思社