HOME > 文芸社文庫 一覧 > 新編 日本朝鮮戦争 炎熱の世紀 第二部 潜入

新編 日本朝鮮戦争 炎熱の世紀 第二部 潜入

新編 日本朝鮮戦争 炎熱の世紀 第二部 潜入

森詠
もりえい

韓国陸軍の汎用ヘリUH-60Pブラックホークは、高度1000フィートを維持しながら、かなりの高速で飛行していた。風見暁はヘリの舷窓から遠く北の方角を眺めた。風見は北朝鮮に拉致された恋人を救出するために、韓国陸軍訓練基地にて過酷な軍事訓練を実施するのだった。この秘密部隊には元麻薬取締官の若杉美理も配属されていた。果たして彼らは、無事、北朝鮮に潜入できるのか?!

著者プロフィール

作家・戦略問題研究家。
東京外国語大学(国際専修課程)卒。
ジャーナリストとして、中東アラブ諸国、西アジア、中国、東南アジア、アフリカ、中南米など各地を巡り、パレスチナ戦争、レバノン内戦、イランイスラム革命、イランイラク戦争、湾岸戦争などを取材。
主なノンフィクション作品に『黒の機関』『資源戦略』『石油帝国の陰謀』『中東の挑戦』など。
小説作品は『日本封鎖』『燃える波濤』(日本冒険小説協会大賞)『日本朝鮮戦争』『新・日本中国戦争』『イスラム大戦』などの冒険小説や近未来シミュレーション小説がある。

※この情報は、2018年8月時点のものです。

定価
:864円 (本体 800円)

頁数
:428

発刊日
:2018/08/15

ISBN
:978-4-286-20115-3

ページトップへ 文芸社 草思社