HOME > 文芸社文庫 一覧 > 穂高岳 殺人山行

穂高岳 殺人山行

穂高岳 殺人山行

梓林太郎
あずさりんたろう

北アルプス山岳救助隊に、一本の通報が入った。槍ヶ岳山荘を発った三人のパーティーが大キレットにさしかかったところで、雷雨に遭い、雨が上がってみると、前方を歩いていた二人連の一人が、忽然と消えたというのだった。果たして、付近で元探偵社社員の遺体が発見された。同伴者を捜す山岳救助隊員の紫門一鬼。その前に、新たな白骨死体の謎が立ちはだかる。

著者プロフィール

1933年長野県生まれ。
貿易会社、調査会社、経営コンサルタントなどを経て、1980年『九月の渓で』小説宝石エンタテイメント小説大賞を受賞し、デビュー。
長い登山経験を元に、山岳推理小説の第一人者となる。
代表作に、旅行作家・茶屋次郎シリーズや長野県警刑事・道原伝吉シリーズなど著書多数。

※この情報は、2018年4月時点のものです。

定価
:778円 (本体 720円)

頁数
:308

発刊日
:2018/04/15

ISBN
:978-4-286-19686-2

ページトップへ 文芸社 草思社