HOME > 文芸社文庫 一覧 > 殺しに来た男 ものぐさ右近人情剣

殺しに来た男 ものぐさ右近人情剣

殺しに来た男 ものぐさ右近人情剣

鳴海丈
なるみたけし

「井坂主水だ。貴様に打ち砕かれたこの右腕の代償に、その命を貰うぞ」秋草右近の鉄刀に敗北した主水は、一つは、左手だけで扱えること、もう一つは、右近の〈刀割り〉に対抗できること──この二つを満たす鉄鞭の秘術を身につけた。突き出された鉄鞭の先端を右近は、鉄刃で脇へ払った。しかし鉄鞭の先端が、右近の喉元を襲う。(表題作)書き下ろし番外篇『剣友』も新たに加筆!!

著者プロフィール

1955年山形県生まれ。
集英社コバルト文庫で作家デビュー。
人気シリーズ『修羅之介斬魔劍』を始め、時代小説や現代アクション、官能物、漫画原作など、ジャンルに拘わらず幅広く活躍中。
近著に『淫闘!邪忍軍団 大江戸巨魂侍(十三)』『若殿はつらいよ 妖乱風魔一族篇』などがある。

※この情報は、2018年2月時点のものです。

定価
:778円 (本体 720円)

頁数
:296

発刊日
:2018/02/15

ISBN
:978-4-286-19520-9

ページトップへ 文芸社 草思社