HOME > 文芸社文庫 一覧 > 異端刑事(デカ)

異端刑事(デカ)

異端刑事(デカ)

南英男
みなみひでお

真冬の渋谷区円山町で死体が発見された。トランクスしか身にまとっていなかった。被害者は宇田川町交番に勤務していた巡査だった。捜査を担当したのは辺見敏隆警部補、五十六歳で、渋谷署強行犯係の捜査員だ。高卒の叩き上げだが、十五年前までは本庁捜査一課の敏腕刑事だった。警官殺しの凶悪犯に、伝説の刑事の誇りが蘇った──?!

著者プロフィール

1944年東京生まれ。
明治大学卒業後、雑誌編集者を経て青春小説など執筆して人気を博す。
1985年『街に棲む野獣』以降、ハード・サスペンスに取り組む。
ベストセラーになった「毒蜜」シリーズ、「囮刑事」シリーズ、「強請屋稼業」シリーズなど著書多数。
近著には『疑惑接点』『罠の女 警視庁極秘捜査班』などがある。

※この情報は、2018年2月時点のものです。

定価
:842円 (本体 780円)

頁数
:380

発刊日
:2018/02/15

ISBN
:978-4-286-19519-3

ページトップへ 文芸社 草思社