HOME > 文芸社文庫 一覧 > 「本能寺の変」は変だ! 435年目の再審請求

「本能寺の変」は変だ! 435年目の再審請求

「本能寺の変」は変だ! 435年目の再審請求

明智憲三郎
あけちけんざぶろう

「秀吉がねつ造し、軍記物に汚染された戦国史を今一度洗濯いたし申し候」刑事・民事の裁判には、判決が確定した事件について、法に定められた事由がある場合に判決を取り消して、裁判の審理をやり直すよう申し立てることができる。歴史捜査で得られた光秀謀反の定説・通説の変な話、定説・通説を支えているこれまでの研究の変な話をどうやって暴いて真実に迫っていったかを明かす。

著者プロフィール

1947年生まれ。
明智残党狩りの手を逃れた光秀の子・於寉丸(おづるまる)の子孫。
慶應義塾大学大学院工学研究科修士課程修了後、大手電機メーカーに入社。
一貫して情報システム分野で活躍する。
長年の情報畑の経験を活かした「歴史調査」を展開し、精力的に執筆、講演活動を行っている。
日本歴史学会会員。
土岐会会員。
情報システム学会会員。

※この情報は、2018年2月時点のものです。

定価
:691円 (本体 640円)

頁数
:212

発刊日
:2018/02/15

ISBN
:978-4-286-19515-5

ページトップへ 文芸社 草思社