HOME > 文芸社文庫 一覧 > 姦計 死神幻十郎

姦計 死神幻十郎

姦計 死神幻十郎

黒崎裕一郎
くろさきゆういちろう

寅の刻、江戸一番の繁華街、日本橋の乾物問屋に断末魔の叫びが交錯し、血しぶきが飛び散る。江戸界隈で続く凶悪な事件に、奉行所の懸命な探索にもかかわらず、杳として知れぬ賊の行方。悪党の逃亡を助ける闇稼業が存在するらしい。松平楽翁から影御用を引き受けた死神は、逃がし屋を追う。その最中、数人の浪人から襲われる出石藩士を助けるが。死神の必殺の剛剣が江戸の闇を斬る!!

著者プロフィール

1942年生まれ。
東京電機大学卒業後、テレビの世界に入り1975年、脚本家デビュー。
必殺シリーズ、『ザ・ハングマン』などの脚本を手がける。
『享保異聞シリーズ』で小説家デビュー。
黄金期の時代小説の香りのある作風で人気がある。

※この情報は、2017年10月時点のものです。

定価
:821円 (本体 760円)

頁数
:304

発刊日
:2017/10/15

ISBN
:978-4-286-19171-3

ページトップへ 文芸社 草思社