HOME > 文芸社文庫 一覧 > 怨み節 死神幻十郎

怨み節 死神幻十郎

怨み節 死神幻十郎

黒崎裕一郎
くろさきゆういちろう

死神幻十郎は、配下の百化けの歌次、四つ目屋の鬼八とともに、左手首に白い数珠をはめた、居酒屋あるじ殺しの下手人を探していたが、事件の背景の思いがけない巨悪の存在につきあたる──。どうやら、ある藩が江戸藩邸に二千両の御用金を搬送中、強奪された事件に端を発していたのだった。巨悪の陰謀を知った闇の刺客人は、永き怨念を晴らすため、その復讐に向かった!!

著者プロフィール

1942年生まれ。
東京電機大学卒業後、テレビの世界に入り1975年、脚本家デビュー。
必殺シリーズ、『ザ・ハングマン』などの脚本を手がける。
『享保異聞シリーズ』で小説家デビュー。
黄金期の時代小説の香りのある作風で人気がある。

※この情報は、2017年6月時点のものです。

定価
:821円 (本体 760円)

頁数
:308

発刊日
:2017/06/15

ISBN
:978-4-286-18768-6

ページトップへ 文芸社 草思社