HOME > 文芸社文庫 一覧 > 夏の旅人

夏の旅人

夏の旅人

森詠
もりえい

大正8年夏、北アルプス槍ヶ岳、将来の夢を語り合い、50年後にここで再会しようと誓い合った6人の若者がいた。それぞれ青雲の志を胸に秘めていた。大正8(1919)年夏から昭和20(1945)年8月15日にいたる26年の動乱の歴史を生きた若者たちの、魂の旅を描いた傑作、青春冒険小説!!

著者プロフィール

作家・戦略問題研究家。
東京外国語大学(国際専修課程)卒。
ジャーナリストとして、中東アラブ諸国、西アジア、中国、東南アジア、アフリカ、中南米など各地を巡り、パレスチナ戦争、レバノン内戦、イランイスラム革命、イランイラク戦争、湾岸戦争などを取材。
主なノンフィクション作品に『黒の機関』『資源戦略』『石油帝国の陰謀』『中東の挑戦』など。
小説作品は『日本封鎖』『燃える波濤』(日本冒険小説協会大賞)『日本朝鮮戦争』『新・日本中国戦争』『イスラム大戦』などの冒険小説や近未来シミュレーション小説がある。

※この情報は、2017年6月時点のものです。

定価
:1,058円 (本体 980円)

頁数
:540

発刊日
:2017/06/15

ISBN
:978-4-286-18767-9

ページトップへ 文芸社 草思社