HOME > 文芸社文庫 一覧 > 鎮魂の盃 風魔小太郎血風録

鎮魂の盃 風魔小太郎血風録

鎮魂の盃 風魔小太郎血風録

安芸宗一郎
あきそういちろう

将軍徳川吉宗は、江戸で相次いだ大火対策に頭を悩ませていた。そんな折、徳川御三家の徳川継友より、大名、旗本屋敷に飾られた魔除けの鬼瓦を遠州産に交換し、江戸城下の瓦葺屋根化を上奏された。その試しのため遠州瓦の瓦屋と職人を運ぶ船が、将軍職を吉宗から、尾張継友にさせようとする勢力のものたちに奪われた! 奴らの狙いは何か。闇の陰謀に、風魔の正義が挑む!!

著者プロフィール

1956年東京生まれ。
日本料理専門誌の編集者を経て文芸小説誌編集者となる。
その後、独立して出版プランナーとして多くの書籍を制作。
また広告業界でも広告プランナーとして大手企業のPR活動を展開する。
2015年4月、双葉社より「絵師金蔵 闇の道しるべシリーズ・奈落」で時代小説デビュー。
以降、同シリーズ「能面」「黒幕」を相次いで発表し、期待の新人として注目される。

※この情報は、2017年2月時点のものです。

定価
:778円 (本体 720円)

頁数
:288

発刊日
:2017/02/15

ISBN
:978-4-286-18390-9

ページトップへ 文芸社 草思社