HOME > 文芸社文庫 一覧 > 傭兵が教える危機管理の心得

...

傭兵が教える危機管理の心得

高部正樹
たかべまさき

一刻を争う緊急事態では、マニュアルにとらわれ過ぎて判断を誤ることもある。傭兵・義勇兵として世界の紛争地帯で活躍してきた著者が、具体的な対応策も提示しながら、本当に求められるのは、瞬時に状況を判断し、自分で考え、臨機応変に対応することと説く。豊富な実体験を例に、震災、事故やテロ、ビジネスの現場ですぐに応用できるサバイバルのバイブル!

著者プロフィール

1964年愛知県生まれ。
高校卒業後、航空自衛隊に入隊し、戦闘機パイロット要員として訓練を受けるが、怪我が原因で除隊。
その後アフガニスタン、ボスニア・ヘルツェゴビナなどに傭兵・義勇兵として参戦。
現役自衛官への講話や、執筆業、テレビ出演など幅広く活躍中。

■著書
『実録!! 傭兵物語』(双葉社)
『戦友』(並木書房)
『傭兵の誇り』(小学館)
傭兵のお仕事』(文芸社)
今、知るべきコンバットサバイバル』(文芸社)
傭兵の生活』(文芸社)
など。

※この情報は、2012年8月時点のものです。

定価
:691円 (本体 640円)

頁数
:288

発刊日
:2012/08/15

ISBN
:978-4-286-11873-4

ページトップへ 文芸社 草思社