HOME > 文芸社文庫 一覧 > 戒名は自分で付けよう

戒名は自分で付けよう

戒名は自分で付けよう

高林院釈俊信居士
こうりんいんしゃくしゅんしんこじ

なぜ、戒名は死後に付けるのだろう。生前に付けても、法律上、宗教上、何ら問題はなく、しかも、本来は各宗派問わず、「生前戒名が当たり前」という。ならば、この戒名、生きているうちに、楽しみながら納得のいく字を付けていただく、いや、できれば自分で考えて付けてみようではないか。戒名の考え方から、戒名を付ける際の基本的事項(宗派別しきたり等)や留意点を紹介した「戒名付け」指南書。

著者プロフィール

本名:吉田俊夫。
戒名研究家。
1941年、香川県高松市生まれ。
早稲田大学第一政治経済学部卒業。
自らの戒名「高林院」は、故郷が高松市栗林町なので「高」と「林」を採り、道号は、浄土真宗では釈号といい、「釈」を配する習いに従う。
戒名は、俗名の俊夫の「俊」と信条である「信頼」の「信」から「俊信」とし、位号の「居士」が続く。
現在、「手元供養」に使用する「位牌兼お墓」の小売業「ラヴィニア」代表。

定価
:583円 (本体 540円)

頁数
:204

発刊日
:2011/10/15

ISBN
:978-4-286-11337-1

ページトップへ 文芸社 草思社