HOME > 文芸社文庫 一覧 > 新生児重症仮死

新生児重症仮死

新生児重症仮死

それでも我が子は百十三日生き抜いた

蓮月嬰女
れんげつえいじょ

<笑顔で対面できると信じていたのに……>。何の障害もなく生まれて当たり前のはずが、出産時の事故により「新生児重症仮死」という運命を背負って生まれてきた我が子“姿月”。それでも、両親の愛と祈りに応えるかのように、懸命に生きようと頑張ってくれた。自力では呼吸もままならない我が子への溢れる思いを中心に、命の尊さ、家族の絆、見守ってくれる人達の優しさが描かれる感動のドキュメント。姿月との百十三日間の軌跡。

著者プロフィール

福井県出身。
1975年生まれ。
短大卒業後、9年間病院受付、医療事務を経験する。
現在、料理旅館の若女将として働きながら、臨床心理士を目指し、2011年4月から武蔵野大学通信教育部にて心理学を勉強中。
2005年8月、不安な妊娠期を乗り越え、計画帝王切開にて次女を、2009年3月に三女をもうける。

定価
:626円 (本体 580円)

頁数
:228

発刊日
:2011/04/15

ISBN
:978-4-286-10649-6

ページトップへ 文芸社 草思社