HOME > 文芸社文庫 一覧 > 火の姫 茶々と信長

火の姫 茶々と信長

火の姫 茶々と信長

秋山香乃
あきやまかの

於市は織田信長秘蔵の姫と言われ、信長の命で浅井長政に嫁して、於茶々、於初、於江という美しい三姉妹をもうけた。江北の地で幸せに暮らしていた親娘だったが、「天下布武」を宣言して、上洛を狙う信長の野望の前に、夫・長政は戦火を交えることとなった。風雲急を告げる小谷城、ひとり長女の於茶々は、伯父・信長に対峙した。天下の覇者をめぐる、「茶々と戦国武将」三部作の第一弾!

著者プロフィール

1968年、北九州市門司区に生まれる。
デビュー作『歳三 往きてまた』(2002年4月 文芸社)が、新選組ファンのみならず時代小説ファンの熱い支持を得る。

■著書
獅子の棲む国』(文芸社)
柳生十兵衛 神妙剣』(文芸社)
新選組藤堂平助』(文芸社)
五稜郭を落した男』(文芸社)
『群雲に舞う鷹』
『密偵』
『漢方医・有安 ちぎれ雲』
『櫓のない舟 伊庭八郎幕末異聞』ほか多数。

定価
:821円 (本体 760円)

頁数
:372

発刊日
:2011/02/15

ISBN
:978-4-286-10173-6

ページトップへ 文芸社 草思社